人質解放安田さんの件

スポンサーリンク
社会ニュース部

シリアで永らく人質となっていた安田純平さん。解放されてよかったですね。賛否両論ある様ですが・・・。私は本物のジャーナリストは賞賛します。しかし金銭や売名行為目当ての似非ジャーナリストには憤りを憶えます。彼がどちらなのかは知りませんし興味も無いのですが、そういった類の自称ジャーナリストが沢山いると言う事です。

人質ビジネスなる言葉まである様ですから、何が真実か見極めるのは非常に困難です。ただ安田さん、今まで拘束された回数や発言の数々を見ると、個人的には何となく応援しかねる人物に思えます。危険地帯に取材に行く以上、自国民の生命を守る義務がある”国”が止めようとするのは当然です。それを押し切ってでも行くのがジャーナリストでしょうが、その場合ジャーナリストなら誘拐保険に加入しますし、状況を見極めて時には撤退する勇気も必要です。まぁ、この保険を悪用した保険金詐欺も横行してそうですけどね。とにかくリスクマネージメントをしていたのか疑問です。

彼が本物かどうかは、この3年間の人質生活で得た情報を全て公開し、かつ自分の解放の為にテロリスト側(ヌスラ戦線かは不明)に渡った3億についてどう考えているのかを表明しなければわかりません。ただ3年拘束されていて、その相手が誰かわからないと言うのも???ですが。相手がわからなければカタールも交渉できないでしょうし・・・。仮に100歩譲って、拘束中は相手がわからなかったとしても、解放後にトルコなりカタールなりから交渉相手や経緯について説明されてないの?と思ってしまいます。

是非是非メディアに出て、バリバリ話して欲しいですね。これで本書いて印税ガッポリみたいなのはジャーナリズムでは無いです。だってジャーナリズムの本質は現場の生の声をできるだけ多くの人に伝えたいわけでしょ?1500円の本買った人にだけ教えます!ってなったらズッコケます。

 

 

コメント