アームズ・レングスのミカタ〜金は出しても口出すな

2019年8月6日

経済で良く使われる「アームズ・レングス原則」。

これは簡単に言うと「当事者間の距離感を公正に保とうね!」と言う事です。

具体的に言えば、例えば市営美術館で展示会をする際に、政府批判的な絵画に対しても市長が圧力を掛けるのはダメですよ、と言う事です。スポーツにも政治を持ち込んではならない、とかありますよね?(よくサッカーで政治的主張をする選手がいますが不快です。)基本的に行政に関しては「金は出しても口出すな」が国際的ルールなんです。民間なら「金を出すから口も出す」で良いのですが・・・。

さてそこで・・・問題になっている「表現の不自由展・その後」ですが、まずこの展示会について簡単に。元々は数年前に東京で「表現の不自由展」と言うのがありまして、政治的圧力など様々な理由で展示が不許可になった作品を展示したんですね。今回、そこに新たな作品を追加して愛知で展示会が行われました。その中に「慰安婦像(日本での呼び名)」があったわけです。それだけで脊髄反射的に嫌悪感を表す人達がいたんですね。こういう人達は、自分の反応が過剰で過激である事が理解できません。何故なら脊髄反射だから。ヘイトであるという自覚がないんですね。もしこの像が、勝手に美術館の前に設置されたなら怒って当然です。しかし、今回は展示会の出品物として館内に設置されたものです。製作者サイドと主催者サイドで合意の上でです。見たい人が見に行く場所です。違法な物でもないのに、そこまで行政が介入するのは「検閲」となんら変わりません。

しかもお呼びでないのに大阪のチンピラ市長や、右翼の作家先生まで参戦して、かき回します。

私は一部の韓国人が「旭日旗」に過剰反応するのを見て、アホ臭いと思っていました。それが今回、一部の日本人が展示物の慰安婦像に同様の反応をした事で「バカげている」と感じてしまいました。多くの冷静な日本人や韓国人は「自他共栄」を望んでいると、私は信じたいです。

それよりも今回問題なのは、脅迫をしてきた人物を警察が逮捕する気がない様に見える事です。先の参院選では首相の街頭演説にゾロゾロ警察が配置され、ヤジが出ると片っ端から捕まえていましたよね。一方で野党の街頭演説では野放しですよ。ここは中国ですか?世論が騒ぎ始めて逮捕の流れでしょう。(追記:8/9逮捕されました。)

ただ今回の展示。主催者側にも落ち度はあると思います。

物事を成すには「天地人」が必要と言われますよね。明らかに「天の時」では無いし、「地の利」は良いとしても、「人の和」という部分でも、世論が政府とメディアに扇動され「反韓」になっている中での強行は事態を悪化させかねません。昨今の情勢を見れば、テロ予告をする不埒な人間が出る可能性は極めて高かったはずです。

人々が感情的になっているタイミングで、この展示は如何なものかという思いもあります。「火に油」ですよね。ヘイトを煽る行為にも見えます。私は基本的に「正しければ良い」という考えには賛同できません。正しくても伝え方が間違っていればダメだと思うのです。「正しい事を、正しいタイミングで、正しく実行する」必要があったのではないでしょうか?

最後に「慰安婦像」の本当の名前は「平和の少女像」です。

平和って掛け替えのないモノですよ。

Share the love!!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •