4社目の話

2020年4月28日

アベノマスクの発注先4社目が発表されました。まさかのペーパーカンパニーだった訳ですが、この政権はどこまで腐っているのでしょうか・・・。

そもそもの事の経緯は

コロナウイルスの世界的蔓延の中、マスクの絶対的な不足が発生しました。一部の人間による買占めからの転売も横行し、政府は国が買入れ供給すると言い出しました。しかしいつまで経っても、マスクは供給されません。やがて布マスクを各世帯に2枚配布すると云う、失笑モノの対策を打ち出しました。しかも予算は466億円。

いざ配布が始まると、「カビが生えていた」「髪の毛が混入していた」「虫が湧いていた」など数千件の苦情が寄せられたのです。厚労省も「妊婦の方は着用しないように」と通達を出す始末。結局、回収再検品となったのですが、当然納入した企業が話題になります。4/10社民党の福島みずほ氏が問い合わせ、後日4社中3社が発表されました。残り1社については拒否。

後日、菅官房長官は466億円の予算であったが(政府の努力で)90億円になったと説明。ところが先日になって4社目を公表。福島市の公明党のポスターが貼られた小さな事務所でした。

どんな会社なのか・・・

この手の話題に対し、ネット探偵の皆さんは非常に仕事が早いです。twitter上には次々に写真や情報が上げられました。

この会社の住所検索をすると多くの企業名がヒットします。つまり普通に考えればペーパーカンパニーです。代表者はこの住所で数社の社名を保有しています。しかも脱税や補助金に関する噂の有る人物。更に登記申請は4/10、福島氏に問い合わせされたその日です。慌てて輸入や不動産など取扱業務を追加しています。登記前に受注し納品していたと云う話になってしまいます。あまりにも杜撰ですよね。しかもシマトレーディングという会社の取次という事も発覚しました。こちら親族会社で恐らく取次手数料の重ね取りなのでしょうか。ただ笹川財団の車が写真に映っていたりするので、かなり闇は深そうです。そもそもHPが無く、業務でマスクを扱う事も知り得ないのですよ。もう怪しさしかありません。

真実はどこに?

この急ごしらえの企業はスケープゴートだと思います。実際「取次をしただけ」と云う発言を事務所の人間が答えたとフリージャーナリストの方が証言されています。本丸は別にあり(安倍氏or昭恵氏)案件なのでしょう。社名を出す必要に迫られ急遽、と見るのが自然でしょう。つまり以前から官邸に近い人物とこの経営者は関係があった事は明らかです。リークされる可能性があれば、こんな要望できませんから。

しかし今回の件で、今迄知られていなかった事が色々と表に出てきています。福島では復興の名の下に、特例の税制があり悪用する連中がいる事やペーパーカンパニーと思しき企業にも助成金が流れている事、政治家がその一端を担い利益誘導している事。

今回の件は、「安倍政権」そのものを表した疑獄だと思います。森友、加計、桜、マスクと疑獄だらけですが、その影でTPPやFTA、年金、種苗法、水道民営化、消費増税、検察定年延長、etcキリがない程の悪法がスルスルと通過してきました。今回の杜撰さは、野党と国民の目をココに集中させて政権の愚鈍なコロナ対応の悪評を薄め、改憲(緊急事態条項)をそっとしかし強引に進めたいのでしょうか。国民投票で票が必要ですから、金を掻き集めて票を買いたいという事にも見えてきます。

野党は政権の政策失敗を追求し正面から闘うべきでしょう。罠にはまってこの疑獄に引っ張られない事です。この件については別枠で数人のチームで証拠集めをし、タイミングを見計らってぶつけるべきです。これまでと同じ過ちを繰り返してはいけません。政権の誤誘導に惑わされず、経済政策で政権を叩き潰していただきたいと改めて思いました。

Share the love!!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •