改憲のミカタ〜自民党怪憲草案

2019年8月21日

wikiもかなり政権側の発言に合わせ、書き換え書き換えやってますねぇ。昔みた時とかなり変わってます。いまや「世界中改憲やってますよ。やってないのは日本だけ。やるのが当たり前ですよ。」みたいなアプローチに様変わりです。

各国の改憲、特に先進国については、個別に見て行けば一目瞭然ですが、国民の権利・人権についてより強固に保護する方向にしか改憲されていません。つまり改善です。国民主権・民主主義ですから当たり前なのですが。その上で時代にそぐわない部分をバージョンアップするのが基本的な考え方です。

そもそも憲法は「国民主権」「人権保護」「権力の暴走阻止」がベースです。つまり人権保護のバージョンアップが他国の改憲の中心です。ところが今、自民党が提案しているのは「国民主権」破棄、「人権保護」の弱体化、「権力の強化」です。

国民主権を無くしたい。軍隊を持ちたい(交戦権を持ちたい)と言う自民党が提出した草案。明らかな改悪です。それでは賛同を得難い為、言い回しを変え、「抵抗権のない緊急事態条項」など有り得ない事を言い出しています。

改憲の目的

改憲、改憲と自民党が騒いでいます。彼らは一体何をしたいのでしょう?彼らの本音は、身内の党会議などで詳らかに語られています。

「緊急事態条項」これが問題です。これは簡単に言うと、緊急事態時に政府は独断で対応を決めて良いと言うものです。緊急事態の定義も曖昧ですし、政府が緊急事態だと言えば戦争へ突き進む事も認められる事になります。しかも普通の国では「緊急事態条項」には「抵抗権」が対になっており、政府が暴走した場合に裁判所など他の機関がブレーキを掛けることが可能です。その話が出ない事も異常です。彼らは日本版中国共産党を目指しているのでしょう。

奴隷になりたい日本国民

他国から貧困国呼ばわりされても、自民党が大好きな日本人。(元記事

※このブルームバーグの記事を、相対的貧困率だから都市伝説だと否定するお花畑ちゃんがいるようですが、相対的貧困率は「その国の物価で生活するのがギリギリ、もしくはそれ以下の人」を表したものなのでほぼ正しいです。「年収100万ならフィリピンに行けば金持ちだ、だから貧困では無い」みたいな思考になんの意味があるんでしょう?

実質所得が減り続けても、アベノミクスが大好きな日本人。(記事

西日本豪雨復興予算よりF35購入に予算を使っても、自民が大好き日本人。

ついに国民主権剥奪の話まで出てきているのに、呑気に「ららら〜」と「安定の自民っしょ」とか言ってるオツムの弱い方は、是非赤紙でも受け取ってションベンちびってください。

 

Share the love!!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •